本文へスキップ

ジェムリサーチジャパン株式会社は、宝石・宝飾品の鑑別・グレーディングを主業務とする会社です。

分析機器Analytical instrument

分析機器
分光光度計

 
◇紫外ー可視領域:UV2400

カラー・ダイヤモンドの色の起源、黒蝶真珠の鑑別には不可欠です。
ルビー、エメラルド、アレキサンドライトなどの天然・合成の判断などにも有効です。宝石鑑別には必需の 分析機器です。


◇近赤外領域:UV3101,UV3600

ヒスイの樹脂含浸処理の看破に必要不可欠です。
また、ダイヤモンドH1b,H1c等の検出(照射処理の看破)に優れています。
積分球を装着しているので操作性に優れており、脇石や多数個セッティングされた宝石の検査に有効です。




◇赤外領域(FTIR):IR−8300,8400S

ダイヤモンドのタイプ分類には必要不可欠です。
ダイヤモンドの鑑別の他、水晶類の天然・合成の鑑別の他、各種宝石類の同定にも有効です。
本機種はSN比に優れており、コランダムの加熱の履歴の検査に必需です。



    

◇軟X線透過装置:

物質を構成する各元素のX線に対する透過性の相違を応用した分析装置です。
ダイヤモンドと類似石の鑑別や真珠の有核・無核の検査に有効です。近年ではブラック・ダイヤモンドのジュエリーにモアッサナイト等の類似石が混入した事例が急増しており、これらの看破には不可欠な分析手法となっています。また鉛ガラスが含浸されたルビーの鑑別にもきわめて有効です。

     

◇蛍光X線分析装置:JSX3600M

元素分析による各種宝石鉱物の同定を行います。パライバ・トルマリンの銅の含有量のチェックには不可欠です。また、蛍光X線分析による微量元素の解析は、ルビー、サファイア、アレキサンドライト、エメラルドおよびオパール等の主要宝石の天然・合成などの鑑別に有効です。特に、標準的な鑑別手法では困難な合成ルビーの鑑別には極めて有効です。本機種はきわめて高感度で、さらに微小領域の測定が可能なゆえ、セッティングされた脇石の分析にも対応が可能となります。

              

◇レーザー・トモグラフ:

細く絞ったレーザー光線(488nm)アルゴン・レーザー)を走査して、宝石内部のごく微細な構造や欠陥を散乱像あるいは蛍光像として捕らえることができます。
中でもルビー、サファイアの加熱の履歴を検査する上では非常に有効な手法として国際的にも高く評価されている分析技術です。世界に先駆け1984年に全宝協が初めて宝石検査の分野に導入し、継続した研究を行ってきたオリジナル分析装置機器です。
      



◇LA−ICP−MS質量分析装置:AGILENT社製誘導結合プラズマ質量分析装置7500A,NEW WAVE RSESRCH社製レーザー・アブレーション・システムMODEL UP-213 A/F

固体試料表面に波長の短い高エネルギーのレーザーを照射し、蒸発・飛散した粒子をさらに高周波プラズマでイオン化し、その質量を分析することによって構成成分の定性、定量を行う手法です。軽元素〜重元素までを超高感度(10億〜100万個中の1個レベル)で分析することができます。極微量元素の分析は、宝石鉱物の生成環境を知る上で極めて重要な情報が得られます。特にBeの拡散されたコランダムの看破に有効です。微量元素を高感度で分析することで、ルビー、サファイア、エメラルド等の産地鑑別に有効です。また、真珠の母貝鑑別や生息域の限定などにも応用できます。

バナースペース

ジェムリサーチジャパン株式会社

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1−3−10  長堀堂ビル5F

TEL 06-6252-1222
FAX 06-6252-1223